FullSizeRender




1: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:01:51.62 ID:CAP_USER
■量子論で崩れはじめた科学の礎 

同時に複数の場所に存在でき、だれも見ていないときには存在しない。時空を超えて瞬時にコミュニケーションを取ることができ、物理的に通り抜け不可能な障壁を難なくすり抜け、人に見られることで物質化する。 

霊魂の説明ではない。量子の性質の話である。 

現在の量子物理学の根幹をなす量子力学が、シュレーディンガーやハイゼンベルクらにより数値的に整理されたのは、1925年ごろからとされている。まだ100年にもならない若い分野だ。それが今、世界の見方を大きく変えようとしている。 

誕生以来、科学は物質主義を貫いてきた。目に見える物質こそが唯一であり、そこには宗教や心霊、超能力などオカルト的要素が加わることはなかった。 

ところが量子物理学の発展により、物質の存在事態があやふやになってきた。確かに身のまわりには、見えて、触れて、観察できる物質が存在する。しかし構成要素を素粒子にまで分解すると、そこには物質の存在が不確定となる世界があった。素粒子は量子であり、確率として存在するだけで、観察するまで状態は確定しないのだ。 

最近、マクロな視点でも非実在性(だれも見ていない間は存在していない)の可能性が指摘されている。NTTと米イリノイ大学の実験で、量子から見れば巨視的状態となる電流状態で非実在性が確認されたという。 

これまで意識の謎を解明するには、脳という物質が対象とされてきた。しかし、この手法で謎が解明されていないのは周知の事実である。そこで、ここにきて、ポスト物質主義を唱える学者が現れはじめた。 

米アリゾナ大学のゲイリー・シュワルツ教授によると、臨死体験や超能力を科学として取り扱わないのは、イデオロギーの問題であるという。これらを避けること自体が、非科学的だというのだ。科学界を敵に回す主張だが、今ではポスト物質主義に賛同する学者が多数、現れている。 

いい方を換えるなら、オカルトの世界に科学が踏みこんだのである。 

■ウイルスは生物か生命か 

中央ヨーロッパ大学の准教授フィリップ・ゴフによると、木や石や電気も意識を持っているという。神道的な考え方だが、これは「パンサイキズム」と呼ばれる科学理論なのである。 

この仮説で思いだしたのが、遠隔透視の第一人者であるジョー・マクモニーグル氏の話だ。 

食事中、彼はある体験について話しはじめた。それによると彼は、かつて物理学者のために遠隔透視で素粒子を見たことがあるのだという。そのとき、なんと素粒子にも意識があることに気づいたというのだ。 

これにはさすがに筆者も懐疑的だったが、奇しくも科学者がマクモニーグルの透視を裏づけたわけである。あるいは彼の透視が、物理学に影響を与えたというのは考えすぎだろうか? 

話を進めるにあたり、意識、生命、生物について考えてみよう。これらは同じもののようにも感じるが、微妙に異なっている。科学的な定義が与えられているのは、生物のみである。 

生物学者が考える生物の定義は明快かつ簡単だ。外界と隔へだてる細胞膜を伴った細胞構造を持ち、内部の恒常性を維持できること。遺伝子としてDNAを持つこと。エネルギーを変換できること。自己複製を自己内でできること、などだ。 

この定義でいくと、ウイルスは生物ではない。ウイルスのなかには、遺伝物質としてRNAしか持たないものもあるし、細胞構造も持っていない。増殖も宿主の助けなしではできないし、エネルギーも宿主のものを利用する。しかし、一般的にはウイルスは生命体だと思われている。つまり、生命のほうが生物を含んだ上位概念なのだ。 

それでは、生命あるいは生きているということの定義は何なのだろうか? 一筋縄ではいかない問題だが、ウイルスが生命体だとすれば、少なくとも生物とウイルスに共通する性質こそが生命の定義といえるだろう。 

ウイルスに細胞構造はないので、細胞は生命の必須条件ではない。同じように、遺伝物質もDNAに限定されない。他者の助けを借りてでも、自己増殖ができればいいことになる。 

では意識はどうだろうか? 

ヒトや高等動物に意識があることは、だれもが認めるところだろう。では、大腸菌に意識はあるのか? 科学界では、これは否定される。なぜなら大腸菌は、意識を司る脳構造を持たないからである。 

ではもっと大きな生命体が存在するとしたら――? 

(ムー2018年8月号 総力特集「最新理論 宇宙は生命体だった!!」より抜粋) 

http://gakkenmu.jp/column/16312/

2: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:06:23.21 ID:ATKJOwjd
科学もオカルトも紙一重

4: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:06:57.44 ID:u+Z2qw/M
量子力学はオカルト

5: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:08:03.46 ID:Vw+LWfYB
「意識」を現在の物理学に取り込むことはできない。
素粒子論にせよ、量子力学にせよ、超弦理論にせよ、相対論にせよ、もともと意識を
取り込む前提はない。

意識を物理学に取り込むなら、全く新しいものが必要だ。

6: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:09:07.99 ID:lXlTImCB
神道というか仏教的な理論ですね
山川草木や宇宙に散りばめらた星全部に意識が宿るというのは…
特に禅ではそういうことを言うんじゃないですか

7: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:12:37.23 ID:H1QTfQ3q
>>1
>ムー2018年8月号 総力特集
こういう話はまず最初にミスターカトーと落ち合う話から
はじまるんでなかったっけ...

8: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:12:59.03 ID:HUKhOx3e
素粒子どころか地球にも意識がある。ガイア仮説という
そして宇宙に散らばる銀河系を望遠鏡で見ると脳のシナプス回路と酷似している

9: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:13:45.20 ID:owxHwmD6
この世の全てが物質的であれば物質的と非物質的の区別は存在しない偽りの概念
であれば物質にも意識があって当然
人間という輪郭の主体性と原子分子素粒子といった輪郭の主体性に本質的違いは皆無
アニミズム的解釈はある意味正しいね

15: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:19:46.78 ID:jP80Pwbq
化学ニュースのソースに「ムー」が採り上げられる日が来るとは……

18: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:23:30.11 ID:M9bHlUmL
そろそろMMRの例の絵的なものを期待しているんだが。。。もうそういった時代ではないのか?

19: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:24:33.64 ID:QkDvwd2y
悪くないテーマだが、それにしても最近ではれっきとした科学板もオカルト雑誌の記事を扱うようになったのか。

23: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:28:16.66 ID:tlN01iy8
まあ、瞑想だって昔はオカルトとか宗教だったが
GoogleだのAppleだのがやってて、実際に脳の
ホルモンの分泌が変わるんだから、迷信とかの
中に人間の可視化できない部分を読み解くヒントがある

日本人が弱いのは、ここなんだよな
バカにされるのが怖くて、踏み込めない領域が
増えてしまう

26: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:29:33.69 ID:yJuAWHtq
ムーかよ!
最後まで読んじゃったじゃねーか!

29: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:33:32.38 ID:tlN01iy8
な?

前半は、ちゃんとソースがある文章なのにムーって
だけで中身吟味しないだろ?
これが日本人の限界なんだよ。自然や人間に起きてる
事象ではなくて権威づけの方から考えるから。

量子力学の活用や応用の世界から日本人は取り残されるだろう

36: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:36:46.10 ID:c/CGk+33
もう、言ったもの勝ちの世界だなw

40: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:40:01.81 ID:BGyenwC7
11次元あるらしいからなんでもありだよ

43: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:41:41.01 ID:7taCMyk1
>素粒子にも意識がある!? 生命の定義を問い直す「宇宙=生命体」論

素粒子が勝手に無意識に飛んでると思うのが人間の悪い癖 素粒子それぞれが役割を心得ている
先ずは宇宙創生期の意思を感じとれる能力が必要だな

45: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:44:28.81 ID:xEhqXstZ
観測の問題があるからな
見られる側の意識があっても不思議じゃない

47: CR名無しさん 2018/07/14(土) 23:46:00.35 ID:Vw+LWfYB
世界の本質はランダムネス。
規則性はランダムネスから出てくるが、それは特殊例の集合だ。
ランダムな世界に意識はない。意識は特殊な規則性から発生した幻想だ。

58: CR名無しさん 2018/07/15(日) 00:00:50.12 ID:tNIww5g6
ムーとトカナは禁止だろ

68: CR名無しさん 2018/07/15(日) 00:41:39.99 ID:kAee/M8m
見ていない時には存在していないなど日常的に起こっていることだ。
例えばPCの画面がそうである。ウインドウの画面切り替えなどで見ていない時には
存在していないが、見る操作によって画面が存在する様になる。

73: CR名無しさん 2018/07/15(日) 02:05:07.66 ID:KhfNKZnN
一つとして同じ形の砂粒がないように
分子や原子にもそういうった個性があるのではないか?

74: CR名無しさん 2018/07/15(日) 02:21:41.33 ID:E/lPX/dj
>>29
何を言ったかでなく誰が言ったかで決めちゃうのは確かに危険かも。

75: CR名無しさん 2018/07/15(日) 02:29:28.04 ID:UfC8TjW/
逆にトンデモ過ぎると好感されるので生き残ってる雑誌

83: CR名無しさん 2018/07/15(日) 03:06:48.75 ID:JliB5vQd
宇宙が生命体じゃなくて その宇宙を管理してるのが生命体なだけだろ

pcゲームの中と変わらない この世はある程度プログラムされた世界よ

85: CR名無しさん 2018/07/15(日) 03:08:32.64 ID:BQS8ESUm
意識は誰にも観測されていない
観測されていないので外界と隔絶されている
つまり誰も意識なんて持ってなかったんだ!

88: CR名無しさん 2018/07/15(日) 03:41:36.93 ID:4FILMnk5
今ご飯炊いているんだが
もちろん炊飯器の中の米がどうなっているかは神のみぞ知る

89: CR名無しさん 2018/07/15(日) 03:46:25.32 ID:4FILMnk5
炊飯器を開けた時点でコメの状態が確定する

90: CR名無しさん 2018/07/15(日) 03:46:51.79 ID:4FILMnk5
これが量子論

93: CR名無しさん 2018/07/15(日) 06:42:38.34 ID:qgJmGGzo
針金でも何でも、導電性の有るものに電流を流すと、
そこに意識が生じるって考え方は
結構好き
何となく正しい気がする

117: CR名無しさん 2018/07/15(日) 11:04:21.41 ID:Ltaq++/Q
(っ゚(ェ)゚)っ連想したワード
ベルの定理
人間原理
観測者効果
観測選択効果

118: CR名無しさん 2018/07/15(日) 11:18:55.33 ID:3OXhcOpG
意識の定義が不明確すぎて論じようがないんですが…

122: CR名無しさん 2018/07/15(日) 11:31:57.24 ID:0tcn53HA
意識のあるなしの前に、まず記憶がある。
記憶とは過去によって状態の変化を受けたことによる。
その記憶をなるべく忘却風化させないように維持し保持することが必要。
多くの記憶の元にそれらを説明するなるべく少ない記述量のモデルを
構築して個体を維持するのに有利となるように進化する(さもなければ
淘汰される)。そのように、説明のためのモデルを作る機能がさらに
高度化し抽象化されることで意識のようなものがうまれる。

130: CR名無しさん 2018/07/15(日) 14:50:27.21 ID:0tcn53HA
意識はまぼろしである。
意識があると思うのは、それを受け止める側の主観による。

131: CR名無しさん 2018/07/15(日) 15:17:23.14 ID:5j+yLknV
>>130
その受け止める主観のことを意識と呼んでるんじゃないの?
まぼろしだろうとなんだろうと本人にそう感じられるかぎりそれが意識
そのまぼろしが発生するメカニズムが解明できればまぼろしを再現できるはずだが

132: CR名無しさん 2018/07/15(日) 15:38:11.88 ID:ZU+vAdYX
脳量子論

134: CR名無しさん 2018/07/15(日) 15:45:39.89 ID:KnX3Zwaw
海にも意識があるらしいよ

139: CR名無しさん 2018/07/15(日) 17:04:33.04 ID:pVjyec9Y
今存在する意識があるとされる生き物が全て同時に死んでしまったら
宇宙があることを誰も知らなくなってしまうのだろうか
意識ある生き物が生まれたとき初めて宇宙は自分自身を知る?

155: CR名無しさん 2018/07/15(日) 18:25:58.13 ID:/qMQ7EhX
◆意識とは何か

昔からユダヤ教では人間は3つの要素からなっていると言う。
肉、霊(プネウマ)、魂(プシュケ)。

霊とは生命の事であり、物理的に見える肉体とともに
生命活動については現実に観測する事が可能だ。
では魂とは何か?
それは意識とは何か、心とは何かという問題に繋がっている。

科学の分野で支配的である唯物論では
精神や心とは物質的な存在であり、脳内で生み出された電気信号であるとされている。
つまり肉体が破壊されて電気信号が止まれば精神は消えて無くなる。
肉体を離れて存在する「魂」というものは存在せず、全ては肉体の中で完結しているという考えだ。

これは逆に言えば大脳と電気信号を複製すれば
そっくりそのまま同じ人間がもう1人作れるという考えでもある。

これは完全に同じ肉体を持った人間を複製する事によって証明が可能だが、
これまで一度もたりとも実現できていない以上はただの仮説でしかない。
にも関わらず、精神や心とは物質であるという考えがいまだに支配的だ。

一方大脳の仕組みを調べれば調べるほど、
人間の意識というものは大脳に由来しているわけではなく、
大脳はただの受容体、経由器官にすぎず、
意識はもっと別のところから発している可能性が高い事がわかってきた。

156: CR名無しさん 2018/07/15(日) 18:27:06.64 ID:/qMQ7EhX
◆人間に自由意志はない

たとえばリベットの実験では、われわれがリアルタイムに経験していると「思い込んでいる」
目の前の現実世界が、実は全て過去の映像を見せられているだけに過ぎない事がわかった。

さらに敷衍すれば人間に自由意志などなく、自由意志のように思われるものは、
後付けで作られた幻想でしかない事が科学的に明らかになっている。

ちなみにリベットの実験について説明すると長くなるので、
詳しくはトール・ノーレットランダージュの『ユーザーイリュージョン』を抜き出した↓のコラムを読めばいい。
no title



なお、1981年にロジャー・スペリーという神経学者は
大脳の部位ごとに異なる機能が備わっている事を明らかにした功績で
ノーベル生理学・医学賞を受賞している。

1970年代、血液の中に短寿命の放射性トレーサーを混入し、脳の外からそれを追跡する技術が実用化された。
この技術により、生きた人間を何をどう考え、どう感じ、どう行動する時、
脳のどの部分の血流が活性化するかがはっきりわかるようになり、脳科学は飛躍的な進歩を遂げた。

そしてそれは大脳の仕組みを解き明かすのに役立つと同時に、
ある巨大な“謎”を突きつける事になった。
大脳の最上部、大裂溝に沿った「補足運動野」と呼ばれる領域の血液量が、
いつも被験者が行動を起こそうとしている前から、顕著に増大していたという事だ。

これは反応を起こす原因となるそもそもの物事が起きる前から発生するため、
現実世界の時間と並行して存在している大脳という器官内りのみでは説明がつかず、
現実世界とは別の時間軸に属する「何か」が
先に指令を行っているのではないかという可能性すら浮上してきた。

157: CR名無しさん 2018/07/15(日) 18:30:13.57 ID:/qMQ7EhX
◆意識は大脳で生まれたものではない?

更に量子論が発達し、脳と量子双方の研究が進んだ結果、
最先端の脳科学と最先端の量子論が融合した「量子脳理論」なるものが誕生した。
それは長年のこうした謎に対してある仮説をもって説明づけようとした。

脳細胞の中には、マイクロチューブル(微小管)という管状の構造があり、
細胞骨格の一種で、分子レベルで情報を処理し、
細胞をコンピュータのように機能させる役割を果たしている。

大脳の情報処理の基本単位は実はニューロンではなく
マイクロチューブルである事が明らかになりつつあるが、
これはあまりにもミクロに細分化されているがために、電子が電子回路を通って情報処理する
一般のコンピュータと異なり、電子が量子的性質を帯びた振る舞いをするようになる
可能性があるのではないかというのだ。

つまりわれわれが大脳と呼んでいる器官の正体は、
人類がいまだに作る事すらできない高度なレベルの
天然の「量子コンピュータ」ではないかという事だ。

量子コンピュータが通常のコンピータと異なるのは、通常のコンピュータが
電気的情報のON/OFFによる0と1とで計算するのに対して、
量子的状態の不確定性からなる0と1の重ね合わせ情報をも扱えるという事。

これはとりもなおさず人間の観測による波束の収縮が起こるまでは、
量子が確率という形をとって多次元世界に渡って同時に存在している可能性を意味する。

大脳が量子コンピュータであるという可能性は、すなわち脳の処理システムは、
大脳内部に限定、完結されるものではない事をさしている。

159: CR名無しさん 2018/07/15(日) 18:34:38.63 ID:/qMQ7EhX
◆“魂”とは何か

量子の不可思議な振る舞いや二重スリット実験でのモアレについて、
並行世界の存在を持ち出して説明する仮説があるが、それらによると
量子とは波束の収縮が起こるまでは我々の世界に確率的に存在すると同時に、
無数の並行世界にわたって同時に存在している存在だという。

そして我々が「意識」と呼んでいる脳内情報の正体が量子だというのなら、
それはこの世界にのみ繋ぎとめられたものではなく、
無数に存在する別の多次元世界とリンクし、
相互に情報のやりとりをして活動しているという事だ。

これらについてはスティーヴン・ホーキングと共に
ブラックホールの特異点定理を証明した宇宙物理学者ロジャー・ペンローズと
「意識」に対する共同研究を行っている医学者スチュワート・ハメロフらによって科学的に説明がなされてきた。

2016年にはハメロフは人間は心肺が停止し、血流が完全に途絶えた状態になると、
脳のニューロンが爆発的に活動をはじめる事を発見した。

これは物理的な存在である大脳と、
マイクロチューブル内の量子情報(意識)が別物である事の証明でもあり、
「臨死体験」は実在する事、それは「死」によって
マイクロチューブ内の量子情報が量子テレポーテーションによって多次元宇宙にわたって拡散し、
脳から離れた量子情報が肉体の死後もそのまま「存在し続ける」可能性を示唆した。

つまるところ、脳内に宿っている「意識」と呼ばれる情報や感覚は、
肉体及び大脳が消滅し、「死」を迎えた後も無くなる事はないという事だ。
すなわち「意識」は肉体を離れても存在しうるという事であり、
もしそうなら、古くから伝承されていた「魂」という概念の正体は
或いはこれではないかという事になる。

ならば「魂」とはそもそもクラウド的な存在であり、中心の「個」というものは存在しない。
これについては太古の仏陀も「一切空(シューニャ)」と説明し、
「般若心経」でも「照見五蘊皆空」と説明していた事の合点がいく。

魂とか意識とか呼ばれるものに中心が存在しないのなら
観測もまた普通のやり方ではできない。
しかし今のやり方で観測ができないからといって存在しない事の証明にはならないのだ。

160: CR名無しさん 2018/07/15(日) 18:55:20.96 ID:aXC+6O+1
つまり俺らの体内の血小板ちゃんは実在するんだ!(アニメはたらく細胞より)

184: CR名無しさん 2018/07/16(月) 13:48:18.44 ID:nji4iJ7x
「意識」が何を意味するのかが重大問題ですよ。
食虫植物には意識があるんだろうか?
それとも、単に、「こういう場合にこういう反射運動を起こせば養分を効率的に得られる」
という結果によって、自然選択的な進化が行われた結果だけなのか?

185: CR名無しさん 2018/07/16(月) 14:14:34.07 ID:AjIX/2JX
オカルトというかミステリ的な文脈で量子力学なんか語るからムー的な理解になると言うのは、
文系から見て先端科学がそう見えるという意味では興味深いけどね。

214: CR名無しさん 2018/07/17(火) 07:14:25.27 ID:aAUu4s+n
脳に量子コンピュータが積んであるとすると
人間の意識や心が偶然や確率に支配された気まぐれな性質をもつことと整合するな

215: CR名無しさん 2018/07/17(火) 07:32:38.11 ID:Ik2OTB5h
>>214
「神はサイコロを振らない」とアインシュタインが言っている通り
量子の動きは全て予測が可能だろ
量子を観測する人間の動きが偶然で決められたものではなく
人間の動きょを100%予測できる「運命」というものがあるのなら
そこに不確定要素は無いという事になる

258: CR名無しさん 2018/07/20(金) 12:32:06.04 ID:oPsGldBQ
意識は五感で得た情報を論理的に組み合わせたもの。
新たな五感に対する刺激は過去の記憶を検索、整理してストックする。

287: CR名無しさん 2018/07/22(日) 19:17:57.74 ID:TfqF5wrT
そもそも塩基が繋がったものに子孫を残そうとする意志が存在していたんだから
その根本である素粒子の段階からすでに意志が存在していても不思議ではないと思う
もしかすると素粒子も通り越えてこの宇宙そのものに意志というものがなんらかの形で存在しているのこもしれん

317: CR名無しさん 2018/07/24(火) 17:01:16.98 ID:/LFGt1VU
宇宙の外側を知れば
意思があることが分かるよ
我々は神の手のひらで生きてる

342: CR名無しさん 2018/07/28(土) 11:40:02.83 ID:2AoW6cUr
ガイア仮説もけっきょくは視点の問題なんじゃないか?

344: CR名無しさん 2018/07/28(土) 12:05:23.38 ID:jEh/wCXX
>>342
そんなことない。
具体的なシステム像を説明し、それが
実証できたらこうなるというのが曖昧
すぎる。生物の仕組みと分布は、惑星
とかと比べるとかなりとっちらかって
いるのは判るよね。
それは、生物が生き残るよう、という
一点で、変化と環境改造を繰り返し
行ってきた結果だよ。
生物は飽くまで利己的だけど、そこに
ガイアが加わるなら、どういう影響を
生物に与えてきたかを考えなきゃ
いけない。生物には代表者はいないん
だからね。

視点の問題というなら、何の視点を
どう当てはめれば、地球の生態系に
ぴったり当てはまるか考えなきゃ。

349: CR名無しさん 2018/07/28(土) 12:47:42.76 ID:2AoW6cUr
>>344
そもそも「生命」と「非生命」の区別も人間の価値観による便宜的なものじゃないか?
自然界にその区別を設けることにどれほどの意味があるんだろうか?

351: CR名無しさん 2018/07/28(土) 12:55:26.17 ID:+FMmkikl
>>349
地球の細胞をもとにしたシステムを生命としてるでいまはいいんじゃないの。
地球上で使ういがいの理屈求めてるんならどこから目線なのかハッキリス宣言すればいい。

352: CR名無しさん 2018/07/28(土) 12:55:29.91 ID:rmrV7tjg
>>349
ペットの動物が死ぬところとか見届けると、生命という何だかよく分からないものが確かにあるとわかる
死ぬ前はどんなに具合悪そうにしてても確かに生きていたのに死んだ瞬間にもうそいつはそこにいない
抜け殻になった体だけが残され、昔の人が「たましい」と呼んだ何かがその瞬間に消えるのがわかる

360: CR名無しさん 2018/07/30(月) 10:23:33.92 ID:EKid7XTg
>>352
俺もだわ
犬を飼うようになってそれまでの生命感が一変した
魂というか人間と全くといっていいほど変わらない感情を持っているとは思わなかったからなぁ。
誰から教えられた訳でもないのにな。

386: CR名無しさん 2018/08/02(木) 11:42:48.24 ID:+NZchJSb
死ぬと意識なくなるのはわかるけど、寝ても意識なくなるよね。

ってかオ●二ーして逝ってるときに意識あるか?とか言われると、よくわからん。

集団行動してるとき意識あるかと言われても、
自分の個の意識があるのか無いのか?

個別の意識というものは紀元前にはなかったとか言うやからもいるし。

意識を意識したときぐらいしか意識ないんじゃねぐらいの
どーでもいいものなのかもしれん。

引用元: http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1531576911/






スポンサードリンク