FullSizeRender






【livedoor NEWSより】

「平成の一番の思い出は」の質問の答えとして、「賭け事で勝ったことがないんですよ。賭け事で楽しいことは1回もないんです。一番勝ったのは、40万円賭けて60万円ですから。それってあんまり勝ってないですよね」としんみりと答えると、2人揃って、「5000万円くらい、負けてますから」。

 えっ~! 徳井は驚く暇さえ与えずに「ギャンブルやっている人は、みんな、それくらい負けてるんですよ。それはいいんです、趣味だから」と平然と言う。その内訳も教えてくれた。 

「単純計算して20歳から今まで18年間、1日1万円賭けて1カ月30万円ですよね。1年間で360万円。掛ける20年間で約7000万円。それくらい負けてるんです。でも、それはいいんです」
 取材陣から笑いが漏れる。徳井は続ける。

「だって、みんなお酒飲みますよね、ご飯食べますよね、服買いますよね、旅行行きますよね。それと一緒なんです。だから、全然いいんです、全然」との発言に唖然とするばかり。
 
 そればかりか「子供の貯金まで手を出しているんですよ」と、吉村が言うと、「関係ないね、オレの金だから、オレが働いた金だろう」と、親の権限を振りかざす。

 吉村は「クズでしょう。でも、子供は反面教師で、こんなダメな父親を見て、しっかりしないといけないと、いい子供らしいですよ、勉強もできてね」と、フォローも忘れなかった。

記事全文

まさに5000万パワーズw
彼らはパチンコよりも競馬が多いのかな?
なにも間違ったこと言ってなくて草
2018-02-03-19-00-13




スポンサードリンク