平和「これってもしかして」 アムテックス「私たちのメーカー名が」 「「入れ替わってる~!」」 

最近よく
CR猪木6」(アムテックス)
あれ?平和じゃないの?

とか、
コードギアスR2C.C./ZS」(ロデオ)
あれ?サミーじゃないの?

といったような現象が頻発しているが…

何故、そのようなことが起きているの
だろうか?

それは規則改正施行日の2018年2月1日
締め切りとしたいわゆる
駆け込み申請」が激化しているから
にほかならない。

なんでメーカー名がちぐはぐなのか?

保通協の申請予約をとるためには
抽選に受からなければならない。

その申請枠は1日5枠。そこに今現在、
パチスロで1日最大90件もの申込が殺到
しているという話だ。
確率にして5/90 = 5.5%
これを引かないと
保通協の型式試験さえ受けられない。

加えて、申請枠の確保は1日に
1メーカー2枠までというルールも
あるため、どうしても通したいタイトル
は、セカンドブランドの枠を使ってでも
申請予約枠数を確保したい!
という状況になっているとの話だ。

【セカンドブランド一例】
三洋物産 ⇒ サンスリー
SANKYO ⇒ビスティ、ジェイビー
サミー⇒タイヨーエレック、ロデオ、銀座
平和、オリンピア⇒アムテックス
ニューギン⇒EXCITE
京楽産業.⇒オッケー.
ユニバーサル⇒エレコ、メーシー、ミズホ、アクロス、ユニバーサルブロス

などなど・・・

スポンサードリンク