image

自由意志が存在するかどうかを確かめる為、学者がある実験を行った。
(たぶんリベットという人)

もし、人間に自由意識があるならば、動かそうという意識がまずあり、それから脳の活動が始まるはずだと考え、「被験者に好きなときに手首を動かしてもらい、その時の脳活動を観察する」実験を実施。

 

しかし、結果は一般の常識とは違った。

被験者が「動かそう」と意識する約0.5~1秒前に、脳が手を動かす「準備」を始めていることが明らかになった。

 

つまり、意識的に「動かそう」と決定する前に、脳はすでに運動の「準備」を完了していたのだ。

このことは、意識は、無意識に脳がすでに行ったことを、遅れて認識したにすぎないということを意味する。

 

「自分という意識」は脳機能の処理結果であって、それ自体で存在しているわけではない。

あなたの意識や自由意志は脳のプロセスの、ただの傍観者なのである。

 

と、いう衝撃的な話。今や脳科学界では定説とさえいわれている。

(受動意識仮説ともいう)

 

つまり、あなたがいくら押し順を中→右→左と決めて押したと思っていても、

 

その約0.5~1秒前に、脳が勝手に決めているのである。

 

また、いつもは中→右→左とあらかじめ決めている人が、

 

たまには右→左→中に変えてやろうと思って押した場合も、

 

実はその約0.5~1秒前に、脳が勝手に決めているのである。

 

そして案の定、ハズレていつもの中→右→左にしとけばよかった・・・

 

となるのが定番である。(どうやってもあなたは負ける運命だったのである)

 

「今日はパチンコ打ちに行かない!!」と思っていても、気が付いたら台の前に座っている。

これは自分の意思が弱いからと思いたいが・・・これも脳に決められてしまっているのだろうか!?


アミバ「足が勝手に‼︎…うわらば」

 

スポンサードリンク